ほくろアートメイクおすすめクリニック5選!選び方や注意点とは?

「セルフメイクでほくろを描き足しているけど、時間が経つと消えてしまう…」
「ほくろアートメイクをしてみたいけどデメリットはあるの?」
「アートメイククリニックを選ぶポイントについて知りたい!」

他人に気付かれずに顔の印象を変えられる方法として、ほくろのアートメイクが注目されています。

柔らかい印象がある泣きぼくろをはじめ、口の横や鼻の横にさりげなくいれるほくろもセクシーで素敵ですよね。

ほくろは場所によって可愛さを出したりセクシーさを出せるパーツです。

憧れの有名人やモデルさんと同じ位置に入れたいと希望する人もいるでしょう。

ほくろのアートメイクは顔を洗ったりこすったりしても落ちないメリットがありますが、注意すべきデメリットはないのでしょうか?

そこで今回は、ほくろアートメイクの特徴、メリット・デメリット、料金相場、クリニックの選び方などについてわかりやすく紹介していきます。

記事の後半では、おすすめのクリニック5選をほくろのアートメイクを入れた人の画像付きで紹介します。

これからほくろのアートメイクに初挑戦しようと考えている方はぜひ最後まで参考にしてみてください。

ほくろアートメイクとは?

「ほくろアートメイク」とは専用器具で顔や首元の好きな位置に色素を注入する美容医療のことで、本物のほくろがあるように見せられます。

顔全体の印象をパッと変えられながらも施術したことを他人に気付かれにくい”さりげなさ”があるため、眉毛やリップ、アイラインのアートメイクとセットで施術を受ける人も多いようです。

アートメイクは水でぬらしたり手でこすったりしても落ちることはありませんが、2~3年で少しずつ色素が抜けていきます。

アートメイクはタトゥーよりも浅い皮膚の表面からわずか0.02~0.03mm程度の深さに色素を入れるからです。

皮膚の浅い位置に色素を入れることによって、古い角質が剥がれ落ちるターンオーバーが進めばインクが染み込んだ皮膚も少しずつ薄くなっていきます。

ほくろアートメイクは小さな点を描くだけのシンプルな施術なので、15分程度の施術時間で済むケースが多いようです。

しかし、いくら小さな点を描くだけといっても、こまかい形や色、位置を患者1人1人に合わせるには高い技術力が必要です。

また、ほくろのアートメイクはおもに以下のような人に人気があります。

  • 顔にインパクトがない
  • ほくろをセルフメイクで描き足しているけど、気づいたら落ちているのがストレス
  • コンプレックスの童顔を大人っぽい雰囲気に変えたい
  • 色気を出したい
  • 開運効果アップのためにほくろを描き足したい
  • 毎回同じ位置・大きさでほくろを描けなくて時間がかかる

つぎに、ほくろアートメイクのメリットについて見ていきましょう!

ほくろアートメイクのメリット

ここからは、ほくろアートメイクで得られる3つのメリットについて紹介していきます。

ほくろアートメイクには、おもに以下のようなメリットがあります。

メイク時間を減らせる

ほくろをセルフメイクで描いていると、「毎回ちょうどいい大きさにならない」「バランスがおかしくて何度も描き直してしまう」と感じることってありますよね。

アートメイクは顔を洗ったりこすったりしても簡単に落ちないため、常に同じデザインのほくろをキープすることが可能です。

そのため朝のメイク時間を減らせたり、メイク直しが必要なくなったりするでしょう。

顔の印象を変えられる

ほくろのアートメイクは、小さな点を描き足すだけなのに顔の印象を簡単に変えられます。

たとえば目の下に泣きぼくろを足せば優しくて親しみのある印象を、口元にほくろを足せば女性らしくてセクシーな印象、ミステリアスな印象を演出できるでしょう。

開運効果が期待できる

ほくろアートメイクは、開運効果が期待できるという理由でも人気があります。

たとえば、ほくろを描き足す位置によって以下のような開運効果が期待できます。

  • おでこの中央…才能を開花させたい人、仕事で自分の力を発揮したい人
  • 目頭…夫婦円満
  • 目尻…恋愛運アップ
  • 眉尻の上…金運アップ
  • あご…出世運アップ、仕事運アップ
  • 耳たぶの後ろ…全体的な運気アップ

ほくろアートメイクのデメリット

つぎに、ほくろアートメイクを受ける前に知っておきたい5つのデメリットについて紹介していきます。

特にアートメイクに初めて挑戦する人は、しっかりと把握しておきましょう。

ほくろアートメイクには、おもに以下のようなデメリットがあります。

1つずつ詳しく解説していきます。

簡単に消せない

ほくろに限らずアートメイクは皮膚の中に色素を直接入れるため、簡単には消せません。

簡単に消せないことによってセルフメイクの時間が短縮できたり、メイク落ちを気にしなくてよかったりする良さはもちろんあります。

しかし一方で、後悔してもすぐには元に戻せない、他のデザインに変えられないなどのデメリットがある点に注意しなければなりません。

施術後にダウンタイムがある

アートメイクは特殊な針を肌に刺しながら色素を注入するため、その刺激が赤みやカサブタなどになって肌にあらわれる可能性があります。

肌の刺激が落ち着くまでの期間をダウンタイムと呼び、施術直後から1週間程度はケアや過ごし方に十分注意する必要があります。

また、ダウンタイム期間中に赤みやカサブタなどを見られるのが恥ずかしいと感じてしまう人は、長期休暇の前などに予約を入れるとよいでしょう。

1回の施術で完成しない可能性がある

多くのアートメイククリニックで2回分のセットメニューが用意されているのを見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。

その理由は、アートメイクで使用する色素が肌へ定着するまでに個人差があり、デザインを完成させるのに2回以上の施術が必要なケースが多々あるからです。

ほくろアートメイクの場合は1回だけで完成することの方が多いですが、クリニックによっては2回セットの所もあるので、1回で終わらせたい人はクリニックのメニューを事前にチェックしておきましょう。

1回分だけの予算で考えていると「こんなにお金をかけるつもりじゃなかったのに…」と後悔する可能性もあるので、前もって2回以上の施術をするつもりで計画しておきましょう。

定期的なメンテナンスが必要

アートメイクは施術したデザインが永遠に残るわけではなく、肌のターンオーバーとともに色素が染み込んだ角質が剥がれて薄くなっていきます。

完全に消えるわけではありませんが、色を維持するには1~3年ごとに定期的なメンテナンスに通う必要があります。

ほくろアートメイクを長期間続けたい人は、メンテナンス時の費用についても前もってチェックしておくとよいでしょう。

失敗する可能性がある

ほくろのアートメイクは、シンプルな施術ではありますが、位置や大きさ、色が少し変わるだけで顔の印象がイメージと違う仕上がりになる場合があります。

どんな顔の印象にしたいかをあらかじめイメージしておき、カウンセリングの時に共有できるようにしておきましょう。

ほくろアートメイクの料金相場

ほくろアートメイクを初めて受ける人にとって、「料金はどれくらいかかるんだろう?」という点も気になるポイントのひとつですよね!

そこでここからは、ほくろアートメイクにかかる料金相場を紹介していきます。

ほくろアートメイクの料金は、だいたい5,000~10,000円に設定されています。

眉毛やリップなどのアートメイクは2回分のセットメニューが用意されていることが多いのですが、ほくろは1回分のメニューが掲載されていることが多いようです。

ほくろのアートメイクを提供しているクリニックのうち、2つのクリニックで提供されている料金を見てみましょう。

アートメイクギャラリー1回11,000円
湘南美容クリニック(湘南AGAクリニック)トップアーティスト1回 4,400円
トップトレーナー1回 5,500円

このように、クリニックによってメニュー内容や料金は大きく異なります。

また、なかにはほくろのアートメイク単体では施術を受けられず、眉毛やアイラインなどのオプションとしてしか利用できないクリニックもあります。

気になるクリニックをいくつかピックアップしたら、料金やメニュー内容を比較してみましょう。

アートメイククリニックの選び方

ほくろのアートメイクをおこなっているクリニックは数多く存在しますが、価格やメニュー、施術者のスキルはそれぞれ異なります。

「ほくろだけなら安いクリニックでもよさそう!」と安易に決めてしまうと、肌とインクの色が合っていなくて施術部位が浮いてみえる、すぐに色が抜けてしまうなどのリスクを感じることになるかもしれません。

自然かつ理想的なほくろを手に入れたい人は、慎重にクリニック選びをすることが大切です。

ここからは、アートメイククリニックの選び方を以下3つのポイントに分けて解説していきます。

  1. ホクロのみでは施術してくれない所もあるので確認しよう
  2. 料金で選ぶ
  3. 実績や保証で選ぶ

1つずつ詳しく見ていきましょう。

ホクロのみでは施術してくれない所もあるので確認しよう

アートメイククリニックを選ぶときは、ほくろアートメイクだけで施術を受けられるかどうかをチェックしておきましょう。

ほくろだけの施術を提供しているクリニックはもちろんありますが、なかには眉毛やリップ、アイラインなど他の部位とセットでないと施術できないクリニックもあります。

セットでしかほくろアートメイクを受けられない場合、せっかく予約しても施術してもらえず、また他のクリニックを予約し直さなければいけません。

そのため、ほくろアートメイクだけやりたい人は、ほくろ単体でも施術を受けられるクリニックを探しましょう。

公式サイトに「オプションとしての施術ならOK」などの注意書きがなかった場合でも、念のため問い合わせておくと安心です。

通いやすい場所にほくろのみで施術してくれるクリニックがない場合、他の部位とセットで受けるか、少し離れた場所にあるクリニックを利用するか検討してみましょう。

眉毛やリップ、アイラインもメイク時間を短縮できたり、今っぽいデザインを作ってもらえたりするメリットがあるので、興味がある人はぜひ検討してみてください。

料金で選ぶ

ほくろのアートメイククリニックを選ぶときは、料金を比較して選ぶことも大切なポイントです。

ほくろアートメイクの料金相場は5,000円~10,000円程度と幅広く、クリニックによってメニュー内容は異なります。

安さを重視することももちろん大切ですが、安すぎると技術力の低いスタッフに施術されてしまったり、施術に使用する設備や薬剤に問題があったりする可能性があります。

クリニック選びでは、医師もしくは医師の指導を受けた看護師がいること、かつ相場よりも安すぎず高すぎずな価格を提供していることなどを基準に選ぶのがおすすめです。

なかには2回目のリタッチ料金を安く設定してくれているクリニックもあるため、料金とメニュー内容をしっかりと比較して検討してみましょう。

実績や保証で選ぶ

ほくろのアートメイククリニックを選ぶときは、実績があるかどうかを基準に選ぶことも重要なポイントです。

実績とは、そのクリニックもしくは施術者がほくろのアートメイクをおこなった回数や経歴をあらわすものです。

ほくろのアートメイクは眉毛やリップに比べて施術範囲が小さく、簡単な施術のように感じられるかもしれません。

しかしインクと肌色の相性、すっぴんでもメイク時でも浮かない濃さ、骨格や他のほくろとのバランスを意識する技術力も必要です。

公式サイトやSNSアカウントで症例写真を紹介しているクリニックが多いため、実績の参考にチェックしてみるとよいでしょう。

実際にほくろのアートメイクを受けた人が写真を掲載しているSNSをチェックするのもおすすめです。

また、ほくろのアートメイククリニックを選ぶときは、保証制度の有無についても確認しておくことが大切です。

たとえば施術後に不具合があったときに無料でリタッチできる保証制度があれば、「失敗されたらどうしよう」と悩んでいる人でも利用しやすいでしょう。

ほくろアートメイクのおすすめクリニック

ここからは、ほくろアートメイクの料金が安い順におすすめのアートメイククリニックを紹介していきます。

クリニックホクロ1回料金(税込)アクセス
湘南美容クリニック(湘南AGAクリニック)4,000円~5,500円仙台/新宿/大阪/福岡
メディカルブロー11,000円表参道/銀座/銀座一丁目/六本木/新宿/池袋/池袋駅前/学芸大学/横浜/名古屋駅前/栄/大阪/心斎橋
/福岡天神
アートメイクギャラリー11,000円東京日比谷/兵庫(芦屋JINクリニック内)/大阪梅田(グランジョイクリニック内)
銀座よしえクリニック16,500円銀座院/品川院/大岡山院/新宿院/表参道院/都立大院
デイジークリニック33,000円渋谷/札幌/福岡天神

湘南美容クリニック(湘南AGAクリニック)

湘南美容クリニック バナー
ほくろ1回4,000円~5,500
美容クリニックの最大手でクリニック数100院以上の”湘南美容クリニックグループ”の湘南AGAクリニックです。
湘南美容クリニックでアートメイクを受け付けているクリニックは全国で7院あります。大手で安心して施術を任せたいという人にはおすすめのクリニックです。
施術者の経験によって料金が変わり、1番安いアーティストはほくろアートメイク1回4,000円で受けられます。
他の部位のアートメイクと組み合わせる必要もなく、ほくろ1回だけでも受け付けています。
現在モニターを募集しており、以下のモニター価格で受けられます。
  • トップアーティスト4,400円→3,520円
  • トップトレーナー5,500円→4,400円
口コミ

ケンイチさん(50代・男性)
やってみてとてもいい仕上がりでスタッフさんの対応や痛みがあるか不安がありましたが実際にやってみてそんなにおもっていたほどは痛くなくてそれはよかったです。あとは親切に説明をしてくれたのでわかりやすくてとても満足はしています。今後する方にはそんなに痛みもなく安全にできるのでしっかりと見て検討してもいいとおもいます。

札幌/仙台/新宿/横浜/名古屋/大阪/福岡

メディカルブロー

メディカルブローロゴ
ホクロ1回11,000円
メディカルブローは、アートメイククリニックの大手で、年間症例数30,000件以上の実績があります。
提携院は全国14院あり、東京・横浜・名古屋・大阪・福岡など主要都市にあります。
メディカルブローでは、別の部位のアートメイクをする時のオプションとしてほくろアートメイクを追加できます。
眉毛アートメイクの料金はリーズナブルですので、眉毛とほくろ両方ともアートメイクをしたいという人はおすすめです。
・表参道/銀座/銀座一丁目/六本木/新宿/池袋/池袋駅前/学芸大学
・横浜
・名古屋駅前/栄
・大阪/心斎橋
・福岡天神

アートメイクギャラリー

アートメイクギャラリーロゴ
ホクロ1回11,000円
アートメイクギャラリーは、“国際的な技術”ד日本流の進化”をテーマとし、一人一人にオーダーメイドの施術を提供します。
施術者はアートメイクに特化したアーティストのみが行い、技術力によってランク分けされています。
ほくろアートメイクは、どのランクの施術者でも料金は変わらず、一律10,000円です。
確かな技術力があるクリニックなので、失敗したくないという人にはおすすめです。
東京日比谷/兵庫(芦屋JINクリニック内)/大阪梅田(グランジョイクリニック内)

銀座よしえクリニック

銀座よしえクリニック ロゴ
ホクロ1回16,500円
銀座よしえクリニックは、医療機関が行うアートメイク施術の先駆けとして年間1,200名が受けています。
都内を中心にクリニックを複数展開しています。
ほくろアートメイクは、1回の場合だと16,500円で、2回セットがお22,000円で受けられてお得です。

銀座院/品川院/大岡山院/新宿院/表参道院/都立大院

Dazzy CLINIC(デイジークリニック)

デイジークリニック ロゴ
ホクロ単品1箇所33,000円
他のメニューとセット11,000円
デイジークリニックは、渋谷・大阪心斎橋・札幌・福岡にあるアートメイククリニックです。
ほくろアートメイク以外には、眉毛・リップ・アイライン・ヘアラインなどの部位にも対応しています。
渋谷/札幌/福岡/心斎橋

ほくろアートメイクまとめ

この記事では、ほくろアートメイクの特徴やメリット・デメリット、料金相場、クリニックの選び方、おすすめのクリニックについて紹介していきました。

ほくろのアートメイクは、短時間かつ低コストで顔の印象を気軽に変えられる美容医療として幅広い世代の人から注目されています。

簡単に落ちないことによってセルフメイクの時間を短縮できたり、海やプールで泳ぐときや汗をかいたときでも落ちることを気にしなくてよかったりするメリットがあります。

一方、すぐには元に戻せないこと、ダウンタイムがあること、数回の施術やメンテナンスが必要なことに注意しなければなりません。

またアートメイクはクリニックによって価格やメニュー内容が異なり、なかにはほくろだけのアートメイクができないクリニックもあります。

ほくろのアートメイクができるクリニックをいくつかピックアップすることは大切ですが、事前に単体でも施術可能かどうかを問い合わせておくとよいでしょう。

料金の通いやすさ、実績の豊富さなども考慮して、理想的なアートメイククリニックを探しましょう。