ヘアラインアートメイクのデメリット5選!おすすめクリニックTOP5も紹介

「ヘアラインアートメイクをしてみたいけど、デメリットがあるのか気になっている」
「髪の生え際のコンプレックスをどうにかしたい!」
「信頼できるアートメイククリニックの探し方を知りたい」

眉毛やアイライン、リップのアートメイクだけではなく、実は髪の生え際(ヘアライン)のアートメイクも人気があります。

最近では頭頂部の薄毛が気になっている人向けのアートメイクをおこなっているクリニックもあり、幅広い年代の人から注目されています。

しかし施術後に「違和感のある見た目になったらどうしよう」、「そもそもどんなデザインができるの?」と不安に感じている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、ヘアラインアートメイクの特徴やデザインの種類、メリット・デメリット、料金相場、クリニックの選び方などについてわかりやすく紹介していきます。

湘南美容クリニック バナー
ヘアラインアートメイクが1番安く、新宿・大阪・福岡・仙台の店舗で受けられます。

ご予約はこちらから

ヘアラインアートメイクとは?

ヘアラインアートメイクとは、髪の毛の生え際に専用の色素を注入する医療技術のことです。

生え際に色素を注入することによって、実際に髪の毛が生えているかのような見た目を作り上げることが可能です。

アートメイクはタトゥーよりも浅い、皮膚の表面から0.02~0.03mmくらいの位置に色素を注入します。アートメイクとタトゥー(入墨)との違い

そのため施術後の状態が永久に続くわけではなく、肌の角質がターンオーバーによって生まれ変わるとともに少しずつ色が薄くなっていきます。

ヘアラインアートメイクは、おもに以下のような悩みを抱える人に人気があります。

  • おでこが広くて前髪をあげるヘアスタイルが似合わない
  • 顔が大きく見えるのがコンプレックス
  • 髪の生え際がまばらで、アップスタイルが決まらない
  • まだ若いのに薄毛が気になってきた
  • 生え際の形にクセがあって恥ずかしい
  • 加齢とともに髪が抜けて余計に老けて見える気がする

ヘアラインのアートメイクは小顔効果を期待する女性にも人気がありますが、薄毛が気になっている男性や女性にも人気がある施術です。

生え際の薄さを隠すためにヘアラインティントなどのメイク道具を活用する人もいますが、雨や汗で落ちる、どうしても違和感があるなどの悩みを抱えている人は多いようです。

ヘアラインのアートメイクはあくまでも髪の毛が生えているかのような自然な見た目を作り上げることが可能なので、他人に気付かれにくいうえに落ちることを気にする必要もありません。

アートメイク可能部位は「生え際」と「頭頂部」の2種類

ヘアラインアートメイクができるのは、おもに髪の毛の生え際と頭頂部の2種類です。

生え際のアートメイクは頭皮やおでこの皮膚に色素を入れていく施術方法で、多くのクリニックで導入されています。

生え際の毛がまばらに生えているのを整えたり、おでこの範囲が狭くなることによって小顔に見えたりする効果が期待できます。

一方で頭頂部のアートメイクは薄毛が気になる部分の頭皮に色素を入れていく施術方法で、導入しているクリニックはそこまで多くはないようです。

おもに加齢やホルモンバランスによる薄毛で悩んでいる人、病気で毛が抜けてしまった人、脱毛症で自然な坊主ヘアーにしたい人におすすめです。

また、薄毛治療で効果を得られない人が早く見た目を変える方法としても活用されています。

ヘアラインアートメイク【メリット】

ヘアラインアートメイクには、おもに以下のようなメリットがあります。

メリット①薄毛が気にならなくなる

ヘアラインアートメイクは毛が生えていない箇所、毛がまばらに生えている箇所に描き足すので、薄毛に悩んでいる人にもおすすめです。

毛流れを描くような施術なのでアートメイクで描き足しているとは気づかれにくく、自然な見た目を維持できるメリットがあります。

薄毛治療で皮膚に刺激がある薬剤を続けて使うことに抵抗がある人、なかなか効果が得られない人にとって、数回の施術で見た目を大きく変えられるとして喜ばれています。

ヘアラインのアートメイクはだいたい1~3年持続すると言われていて、こすったり水でぬらしたりしても簡単には落ちません。

そのためジムで汗を流したり、海やプールに行ったりしてもキレイな生え際、頭頂部をキープできます。

メリット②小顔に見える

白色と黒色が並ぶと、同じ大きさでも白色が大きく見え、黒色が小さく見える錯覚が起きます。

これは、白色が膨張色で黒色が収縮色だからです。

肌の色は白色に近いのでおでこが広いと顔が大きく見えてしまいます。

逆にヘアラインのアートメイクでおでこの面積を狭くすると、地肌の面積が狭くなるので小顔効果が期待できます。

メリット③若く見える

髪の毛が薄いと実際の年齢よりも老けて見えてしまいます。

薄毛部分にアートメイクをすることによって顔全体の印象も若々しくなるため、鏡を見るのが楽しくなったり、似合う服が増えたりする魅力も感じられるでしょう。

メリット④おでこの形が綺麗に見える

また髪の毛の生え際の形を調整するようなアートメイクも可能で、富士額を目立たなくしたい人や左右のバランスを整えたい人にもぴったりです。

前髪を上げたヘアスタイルなど、いろいろなヘアスタイルを楽しみたい人にもおすすめです。

ヘアラインアートメイク【デメリット】

ヘアラインアートメイクには、おもに以下のようなデメリットがあります。

デメリット①簡単に消せない

アートメイクは簡単に消せないことによって汗や水で落ちることを気にしなくてよくなるメリットがありますが、一方で気に入らなくてもすぐには元の状態に戻せないというデメリットもあります。

注入するインクの色は、患者の希望や施術スタッフの提案をもとに決めます。

施術直後はぴったりの色でも、ヘアカラーを変えてしまうとアートメイクをした部分が浮いて見える可能性がある点に注意が必要です。

デメリット②ダウンタイム

アートメイクの施術直後は、ダウンタイムがある点に注意が必要です。

ダウンタイムとはアートメイクの施術で刺激を受けた肌が落ち着くまでの期間のことで、赤みやかゆみ、乾燥、カサブタなどの症状があらわれることがあります。

ヘアラインアートメイクの場合は頭皮やおでこの皮膚に何かしらの症状があらわれる可能性があるため、ダウンタイム期間の過ごし方に注意しなければなりません。

おもに以下の点に気を付けましょう。

  • 保湿する
  • なるべく紫外線に当てない
  • こすったり、皮膚やカサブタをはがしたりしない
  • 帽子で湿気をこもらせすぎない
  • 汗をかいたまま放置しない

ダウンタイム中の過ごし方については、クリニックのカウンセリングでもくわしい説明を受けられます。

上記の注意点を守らなかった場合、色素がキレイに定着しづらかったり、肌の状態が悪化したりする可能性があるので、しっかりとチェックしておきましょう。

デメリット③1回の施術で完成しない可能性がある

またヘアラインに限らず、アートメイクの色素は1回の施術で完全に定着するとは限りません。

そのため、デザインを完成させるために2~3回施術を受けなければならない可能性があります。

1回で完成する予定で予算やスケジュールの計画を立てるのではなく、数回は通うつもりで考えておきましょう。

デメリット④定期的なメンテナンスが必要

アートメイクは、皮膚の薄い部分に入れるので、肌のターンオーバーによって少しずつ色が抜けていきます。

そのため、色を維持したい場合は定期的にメンテナンスが必要です。

完全に消えるわけではありませんが、およそ2~3年に一度、クリニックでリタッチをするとキレイな状態が維持できます。

デメリット⑤痛みがある

ヘアラインのアートメイクに初挑戦する人にとって、「痛みはあるの?」という点も気になるポイントですよね!

アートメイクは手彫りやマシン彫りの専用器具に極細の針を取り付けて皮膚の中に色を入れていくので、針を刺すときや色素を浸透しやすくするために皮膚に傷をつけるときに痛みを感じます。

しかし、施術前に専用の麻酔クリームを塗ることによって痛みを最小限に抑えられるので、痛みに耐えながら施術を受ける必要はありません。

ただし、痛みの感じ方や麻酔の効き目には個人差があります。

そのため、最初に麻酔クリームを塗るタイミングで量を多めにしたり、施術中に麻酔を追加したりするケースもあります。

痛みが不安な人や痛みに弱くて緊張してしまう人は、カウンセリングのときに相談してみるのがおすすめです。

ヘアラインアートメイクの料金相場

つぎに、料金相場をヘアラインと頭頂部に分けて紹介します。

ヘアラインはアートメイクの中でも眉毛やアイラインよりも施術範囲が広いので、費用が高くなる傾向があります。

料金やメニューについてはクリニックによって異なるため、通いやすい場所にあるクリニックをいくつかピックアップして比較してみるとよいでしょう。

また相場や他院のメニューにくらべて安すぎたり高すぎたりする場合は、どのような点に違いがあるのかをリサーチすることも大切です。

 ヘアライン 

ヘアラインの広範囲、全体に施術をする場合は、2回分で130,000円~170,000円程度。

ヘアライン両サイドのM字部分に施術をする場合は、2回分で110,000円~130,000円程度。

気になる一部だけにポイントで施術する場合は、2回分で70,000円~90,000円程度が一般的な料金相場です。

 頭頂部 

頭頂部へのアートメイクは範囲によって料金が異なり、範囲の基準もクリニックによって変わります。

たとえばヘアラインや頭頂部へのアートメイクが可能なクリニックとして有名な「メディカルブロー」では、2回分の施術で以下のような料金を提供しています。

10cm円以上165,000円
10cm円内143,000円
5cm円内99,000円

引用元:https://medicalbrows.jp/price

また、頭皮の全体にアートメイクをすることが可能なクリニックとして人気の「AMGヘアアートメイク」では、3回分の施術で以下のような料金を提供しています。

生え際~頭頂部
頭頂部~後頭部
330,000円
生え際~後頭部550,000円
全頭748,000円

引用元:https://sdc-jpn.com/

アートメイククリニックの選び方

つぎに、ヘアラインのアートメイククリニックを選ぶポイントについて紹介していきます。

ネットやSNSにはさまざまな情報が掲載されているため、特にどのようなポイントに注目したらよいのかを知っておくとスムーズにリサーチしやすくなるでしょう。

通いやすいアートメイククリニックを選ぶには、おもに以下3つのポイントを重視することが大切です。

通いやすさで選ぶ

ヘアラインアートメイクのクリニックを選ぶ際、”通いやすさ”を基準に選ぶことも大切です。

なぜなら、アートメイクは1回の施術でデザインが完成するとは限らず、基本的に2回以上通うケースが多いからです。

また定期的なメンテナンスに通う必要もあるので、通いにくいクリニックだとせっかくキレイになるための施術を受けに行くのに気分も落ち込んでしまいます。

通いやすさとひとことで言っても、人それぞれ優先順位は違いますよね。

たとえば、以下のようなポイントをそれぞれ考えてみてください。

  • 料金的に通いやすい?
  • 場所的に通いやすい?
  • 待合室や施術室、カウンセリング室の居心地はどう?
  • スタッフは話しやすい?

料金と場所的な通いやすさについては、公式サイトからの情報で事前に判断できます。

2回以上の施術を受けたとしても予算的に問題ないか、メンテナンスしやすいメニューは用意されているか、クリニックの場所が遠すぎて行きづらくないかなどをチェックしておきましょう。

また、クリニック内の清潔さや雰囲気も意外と大切なポイントです。

せっかくキレイになるための施術を受けに行くなら、いるだけでテンションが上がったりホッとできるたりする空間のほうが嬉しいですよね!

また、いくら料金・場所的に通いやすくて清潔感のあるクリニックでも、スタッフの対応が冷たいと「もう来たくない…」と感じてしまいます。

アートメイクは理想的なデザインを作り上げるために患者の希望をしっかり伝えることが大切なので、相談しやすい雰囲気かどうかはとても大切です。

しかしスタッフの対応についてはクリニックに足を運んでみないとわからないので、無料カウンセリングを受けるか、口コミをチェックするのがおすすめです。

植毛もできるクリニックだと1度に施術できる

ヘアラインアートメイクは、植毛を受けられるクリニックを選ぶのもおすすめです。

植毛とは、人工毛や自毛を頭皮に移植して髪の毛が生えているように見せる医療技術です。

薄毛で悩んでいる人に人気の施術で、アートメイクに比べて見たり触ったりしてもリアルな立体感を出せるメリットがあります。

アートメイクだけでも毛が生えているように見せることは可能ですが、さらにリアルな見た目にこだわりたい人は植毛と組み合わせるのがおすすめです。

植毛と聞くと高額なイメージを持っている人もいるかもしれませんが、アートメイクと組み合わせると少ない毛量を移植するだけでも髪の毛が密集しているように見せられます。

植毛をおこなっているクリニックなら、患者ごとの希望やヘアラインの状態を見てぴったりの施術を提案してもらえるでしょう。

実績や保証で選ぶ

ヘアラインアートメイクのクリニックを選ぶときは、実績や保証についてもチェックしておきましょう。

実績の少ないクリニックでもクオリティの高い施術を受けられるかもしれませんが、症例数が多いほうがさまざまなパターンの施術経験があると判断できます。

実績をチェックするには、公式サイトやSNSアカウントで公開されている症例写真を見るのがおすすめです。

自分の理想とするデザインを実現できるかどうかを判断する基準にもなるので、ぜひチェックしてみてください。

また、アートメイクの保証を用意しているかどうかも大切なポイントです。

「施術後○ヵ月以内なら無料で修正が受けられる」などの保証があれば、数回施術したのに色が定着していない場合などでも安心でしょう。

ヘアラインアートメイクおすすめクリニック

ここからは、ヘアラインのアートメイクをやっているおすすめクリニックを料金の安い順にランキング形式で紹介していきます。

クリニックヘアライン2回料金エリア
湘南美容クリニック(湘南AGAクリニック)67,760円~仙台/新宿/大阪/福岡
メディカルブロー88,000円~表参道/銀座/銀座一丁目/六本木/新宿/池袋/池袋駅前/学芸大学/横浜/名古屋駅前/栄/大阪/心斎橋/福岡天神
デイジークリニック88,000円~渋谷本院/札幌院/福岡天神院
アートメイクギャラリー110,000円~東京日比谷/兵庫(芦屋JINクリニック内)/大阪梅田(グランジョイクリニック内)
銀座よしえクリニック165,000円~新宿院/表参道院

湘南美容クリニック(湘南AGAクリニック)

湘南美容クリニック バナー
生え際2回67,760円~145,200
頭皮(~100cm2)95,480円~204,600円
美容クリニックの最大手でクリニック数100院以上の”湘南美容クリニックグループ”の湘南AGAクリニックです。
湘南美容クリニックでアートメイクを受け付けているクリニックは全国で4院しかありませんが、大手で安心して施術を任せたいという人にはおすすめのクリニックです。
現在モニターを募集しており、お得にアートメイクが受けられます。
湘南美容クリニックでは、植毛も行っており、植毛とアートメイクを行うことでグラフと数を抑えながら密度感を出せます。
料金は、施術者のランクによって変わります。
札幌/仙台/新宿/横浜/名古屋/大阪/福岡

メディカルブロー

メディカルブローロゴ
ヘアライン2回セット【一部のみ(10cm以内)88,000円~
頭頂部・つむじ2回セット【5cm円内】99,000円~
2回セット【両側こめかみ】132,000円~
メディカルブローは、アートメイククリニックの大手で、年間症例数30,000件以上の実績があります。
提携院は全国14院あり、東京・横浜・名古屋・大阪・福岡など主要都市にあります。
頭皮のアートメイクは3種類のメニューがあり、「生え際・ヘアライン」「頭頂部・つむじ」「こめかみ」から選べます。
・表参道/銀座/銀座一丁目/六本木/新宿/池袋/池袋駅前/学芸大学
・横浜
・名古屋駅前/栄
・大阪/心斎橋
・福岡天神

デイジークリニック

デイジークリニック ロゴデイジークリニック ヘアライン症例
ヘアライン一部2回88,000円
M字2回132,000円
ヘアライン全体176,000円
デイジークリニックは、ヘアラインのメニューが豊富なアートメイククリニックです。
「全体」「M字両側」「気になる部位」の3種類のメニューの中から選べます。
施術可能範囲も多く、ヘアライン以外のメニューも豊富です。カウンセリングは、オンラインでできるのも嬉しいですね。
渋谷本院/大阪心斎橋院/札幌院/福岡天神院

アートメイクギャラリー

アートメイクギャラリーロゴ
ヘアラインサイド2回110,000円
ヘアラインサイド+正面2回132,000円
アートメイクギャラリーは、“国際的な技術”ד日本流の進化”をテーマとし、一人一人にオーダーメイドの施術を提供します。
施術者はアートメイクに特化したアーティストのみが行い、技術力によってランク分けされています。
確かな技術力があるクリニックなので、失敗したくないという人にはおすすめです。
東京日比谷/兵庫(芦屋JINクリニック内)/大阪梅田(グランジョイクリニック内)

銀座よしえクリニック

銀座よしえクリニック ロゴ
ヘアライン2回165,000円
銀座よしえクリニックは医療機関が行うアートメイク施術の先駆けとして年間1,200名が受けています。
都内に6つのクリニックを展開しています。眉毛とアイラインはどのクリニックでも施術可能ですが、リップとヘアラインは表参道院と新宿院でしか施術できません。
現在、生え際のアートメイクのモニターを2回82,500円で募集しています。

新宿院/表参道院

ヘアラインアートメイクまとめ

この記事では、ヘアラインアートメイクの特徴やデザインの種類、メリット・デメリット、料金相場、クリニックの選び方などについて解説していきました。

ヘアラインや頭頂部へのアートメイクは、薄毛が気にならなくなったり、小顔に見えたり、若々しく見えたりするなど多くのメリットが得られる美容医療です。

ただしクリニックの選び方によっては思っていたような施術を受けられなかったり、通いづらさを感じたりする可能性もあります。

まずはメニュー内容や症例写真、口コミなどをリサーチして、理想のアートメイククリニックを見つけてください。